乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
プラネタリウムのあとでプラネタリウムのあとで
(2005/11)
梨屋 アリエ

商品詳細を見る

闇夜にきらめく、美しくて切ない四つの恋物語。
心の中に小石を作ってしまう少女、体が膨張する少年、吸脂鬼に脂肪を吸われる乙女、自分の抜け殻を咀嚼する異母姉…。別世界へ誘う珠玉の4編。 (「BOOK」データベースより)

「プラネタリウム」の続巻ともちょっと違う。前作を読んでないと理解できないというわけでもない。
中学生の心象風景を反映した、「ちょっと不思議」な出来事が起きてしまう世界。
読んでて、「ああ、こんな時期あったあった」と共感できるのがいい。

一番切なかったのは第一話、「笑う石姫」。
この話の中に出てくる母親が、変質的で、やってることは間違ってないのだけど子供の事を考えてない、非常に「痛々しい」母親で・・・。こういう母親に頭を抑えられて育った子供が、どれだけ感情表現が不器用になるか、臆病になるか、両方の視線から読める分、非常に痛い話だった。
この後、彼女はどうなるんだろう、彼はどうするんだろう、ストーリーが終わった先を心配したのもこの話。

主人公以外の人物が痛々しい感じがするのもこの本の特徴。はー、生きてるって大変なこといっぱいあるねえ・・・。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/806-0685c736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。