乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
やはり! 好きな作家さんの本はチェックしないとダメだ! 後回し後回しにしてたら後悔しちゃうよ、もう・・・。

名前探しの放課後(上)名前探しの放課後(下)名前探しの放課後(上)
(2007/12/21)
辻村 深月

商品詳細を見る

(下の表紙も好きなので並べてみました)
「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。――自殺、するんだ」
「誰が、自殺なんて」
「それが――きちんと覚えてないんだ。自殺の詳細」
不可思議なタイムスリップで3ヵ月先から戻された依田いつかは、これから起こる"誰か"の自殺を止めるため、同級生の坂崎あすな達と"放課後の名前探し"をはじめる――

この世界、好きだ。
すごくすごく驚くトリックがあるわけじゃない、手に汗握る展開があるわけじゃない、なのに「メジャースプーン」についで『巻を措くに能わず』て言葉がぴったり来る本。

誰かが三ヵ月後に自殺する。何故?何が原因? じゃあ、俺たちに何が出来る? 候補者に目を光らせて、さりげなく近づいて、友人になって、「生きてるって楽しい」って思えることが出来たらいいのに・・・。
そういう話です。もちろんストレートに終わらないのも魅力。
ラストで、それまでいろいろ隠されてたあれやこれやの仕掛けが明らかになって、どどっと驚かされます。ただ、この部分はちょっと読みにくかったかな。今までの辻村作品、読んでないとちょっと疑問が残るかもしれない・・・。

「死ぬなんてダメだ」ってメッセージがこもった話で、殺伐としたニュースが毎日のように流れる中、ちょっと安心できた読書でした。

(92点。ひょっとして、この表紙、何かの暗示なのかな?)
 
 
 
ここから追記。

プロローグ、注意深く読んでれば、メインのトリックは見破れます。

この作者の作品を順番に読んでると、ラストで楽しみがひとつ増します。
ずっと図書館で借りてるから、一作くらい順番変わってもおかしくないのに、ずーっと順番に読んでる。
おかげで、「これはあれのあれか!」って楽しめる。最初の「冷たい校舎」はちょっと長くて読みにくいかもしれないけど、順に読む価値はあるよ。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/812-8ca62788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。