乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
このタイトルを見るたびに、「イブセマスジーっ!!」って叫びたくなるのです。すっごいマニアックでしかも古いネタですまん。

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
(1954/06)
小林 多喜二

商品詳細を見る

蟹工船とは、北の海で蟹を採り、船上ですぐ缶詰その他に加工する、母船識漁業に使用する船。航船ではないため、航海法が適用されないぼろぼろな船の上で、非人道的な待遇に耐えて働いてきた乗組員たちが、一致団結して自分たちの権利を勝ち取ろうとするが・・・。

今の「ワーキングプア問題」に絡んでブームが起きてるそうで、最近は本屋でもよく見かけます。私が読んだのは角川文庫版。

名前のついた登場人物も何人かいるのだけど、この作中では個人個人について掘り下げるのではなく、集団の心理として、だんだん盛り上がっていく様が描かれています。
読むとき、「これが書かれたのは戦前で、上のほうに逆らうということが罪悪だと思われていた時代」だという事を念頭に置くと、それでもこの話を書いた多喜二という人がどれだけの信念を持っていたか、頭が下がる思いです。

そしてこの話、最後に希望が持てるかたちで終わっています。多喜二の願いがこもっているのだと思います。
現代と比較した感想云々は私には書けません。
しかし、これほど辛い思いをした人達がいたということ、ブームに乗る形でも読む人がいるのはいいことだと思います。決して、過去の遺物ではない。

今手に入るのは現代語訳されていて、(かな遣いや漢字が今様になっていて)読みやすいです。
ちょっと方言が気になる場面もありますが、そこは突き詰めなくても大丈夫です。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/814-a9c384a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。