乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
新しい直木賞作家さん。初読のつもりでしたが、多分どこかで何編か短編を読んだことがあるっぽい。

ヌルイコイ (光文社文庫)ヌルイコイ (光文社文庫)
(2005/10/12)
井上 荒野

商品詳細を見る

つまらない恋―ぬるい恋を続けている「わたし」は、ある日、死に至る病の宣告を受ける。一緒に暮らしていても月に二度しか顔を合わせない夫との生活、童話作家との不倫にも慣れ、死さえも諦めにも似た気持ちで受け入れたが…。 (「MARC」データベースより)

うーん。不倫の話は嫌いなんだよねえ・・・。

ところがこの話はするりと読めた。
最初はただの都合のいい女の話なのかと思ったら、そうではなく、夫は結構いい男だし、生活的にも恵まれてる。なのに、なぜ不倫? なんとなく、という感じしかしない。
将来に、特別な目標もなく、必死になることもなく、なんとなく流されてきちゃった結果。死に至る病だと知らされても、ただ、なんとなく流されて、受け入れているかのような反応。

銭湯の前でであった青年との恋、病、夫とのいさかい、山場はいろいろあると思うのに、すごく盛り上がる場面があるわけでもない。

でも、この主人公のゆるい生き方、嫌じゃない。この辺は感性なんで、嫌な人は嫌かもしれないけど。

この作家さんの評価は、少なくとも後2冊読んでから位置づけることに決定。
(72点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/824-d3c5764e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。