乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「しずかな日々」を読んでやられて、すごく好きな作家さんの仲間入りをしたはずの作家さん、だったんですが。

体育座りで、空を見上げて体育座りで、空を見上げて
(2008/05)
椰月 美智子

商品詳細を見る

「大人の階段を昇るのって、すごくしんどい。」五分だって同じ気持ちでいられなかった、あの頃。中学生時代の出来事を通して読者を瞬時に思春期へと引き戻す、おかしくも美しい感動作! (出版社 / 著者からの内容紹介)

この作品は、1970年生まれの椰月氏の青春時代と重ね合わせた本だと思うのです。
当時の流行の服装やテレビ番組、音楽なんかが盛り込まれていて、同世代の人は読んでて面白いと思う。「ああ、こんなことあったあった」って。(私もかなり近い世代)でも、正直言うと、「ああ、懐かしいな」ってだけの本。なんか、浸れなかった。

何でこの本を今書くの? って思いがして。

中学生のころのじりじりした気持ち、浮かんだり沈んだり激しかった気持ちはすごく共感できるのだけど、多分今の若い世代には共感できないと思います。

(70点。1970年ごろ生まれた方なら、面白いかな)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
私は高校3年生ですがこの本を学校の図書室で発見して、とても共感できましたよ。自分の中学生から今を描いているようで本当に染みました。
2008/08/24(日) 01:26:18 | URL | あつこ [ 編集]
>あつこさま
コメントありがとうございます。
申し訳ないm(_ _)m
どんな世代でも一括りにしちゃいけんってことですね。

どうしても
肯定する言葉より否定する言葉のほうが
きつく響きがちで
気をつけてるつもりでもつい書いてしまうんですよ。
自分を基準に他をはかっちゃいけないってことで。
反省いたします。
2008/08/26(火) 09:53:13 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/825-5c33764d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
体育座りで、空を見上げて(2008/05)椰月 美智子商品詳細を見る カバー写真は井上佐由紀。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。書き下ろし。 語...
2008/08/21(木) 15:30:08 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。