乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
実を言うとエッセイは苦手な分野。「好きな作家さん」が書いたエッセイなら読むけど。

ドリームタイム (文春文庫 た 61-2)ドリームタイム (文春文庫 た 61-2)
(2007/09/04)
田口 ランディ

商品詳細を見る

ピエロ男、トイレの神様、フリーダ・カーロの女が現われ…。この地球に起っている、言葉では絶対に説明できない13の夜の物語。(「MARC」データベースより)

ところが小説が魅力的な作家さんでも、エッセイが面白いとは限らないのが面白いところ。エッセイが面白い作家さんは、大体あとがきも面白い。

という私の概念を軽く飛び越えていくのがこの人だなあ、という気がする。

エッセイなのに、短編小説を読んだよう。
ほんの少しスピリチュアルな、宗教っぽい、ちょっとだけ不思議な話を集めたエッセイ集。。
普通とはちょっと違う感性を持った女性。この序のつむぐ言葉は、少しだけ違う世界を垣間見せてくれる。
宗教ではなく、古来から伝わる伝統的なもの、「台所には火の神様がいる」「悪いことをするとご先祖様に怒られる」といった言葉が、すんなりなじむような。それでいて、古臭いわけでもなく。

こんな作品、と言葉に出して薦めるのはとても難しい。
とにかく、立ち読みでも何でも、まず一編読んでみて、というのが私の限界。
(74点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/826-8e8b3ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。