乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ちょっと今までと違うタイトルだな? と思ったら「白いウサギが逃げる」の出版社か。なるほど、ちょっとカラーが違うのね?

妃は船を沈める妃は船を沈める
(2008/07/18)
有栖川有栖

商品詳細を見る

港から、海へダイブした車。中から死体が見つかった。それだけなら、事故か自殺だが、死体から睡眠薬が検出されたので事件の目が出てきた。さらに、死亡した彼には高額な保険金がかけられていた。火村准教授と、作家アリスに捜査協力の声がかかり・・・。

ああ、准教授になってしまわれた(涙)。
という、ストーリーとは関係ないところでショックを受けた私。断然、「助教授」のほうが響きとして好きだ。そのうち慣れるんだろうけど。

有名なホラー「猿の手」がモチーフ。3つの願いを聞いてもらえる代わりに、悪いことが起こるというあれ。
前半があらすじに書いた事件。後半は、使用されていない離れの中、施錠されたドアの中で射殺された死体が発見された事件。共通の登場人物がいるけれど、味わいとしては長編というよりは中編2本。

この話の売りは、「火村准教授の過去」。今までもちらちら見えてたけど、この話が一番大きなモチーフとして書かれている。
知りたいけど、明らかにされたらシリーズ自体が終了しそうで困った。

後半のトリックは、それほど深読みしなくても解けました。前半も、それほど難易度は高くないです。

(期待してたけど微妙な出来。78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ~。この作品は 長篇にするより、素直に中編2作とした方が良かったかも…。トリックは弱かったけど、物語としては大変面白かったです。猿の手の解釈は読んでてちょっと怖かった…。じぁ(*‘‐^)-☆
2008/09/23(火) 01:25:02 | URL | いくおちゃん。 [ 編集]
最初から「あわせて長編にする」つもりで書かれた作品ならいろいろ構成が変わってくるんでしょうけど・・・無理にくっつけた感じはしましたよね。
「火村准教授がいかにも彼らしい感じだったからそれでいいのだ!」という楽しみ方をしている友人もいます。確かにそういう楽しみ方のほうがいいのかも。
2008/09/25(木) 09:49:04 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/834-89c94b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
装幀は泉沢光雄。装画は牛尾篤。初出「ジャーロ」。火村&有栖シリーズ長編第八作目。 ジェイコブズの恐怖小説「猿の手」が絡む二つの中編を...
2008/11/27(木) 03:13:14 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。