乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
雑誌掲載のほうは読んでたんだけど、いまいちピンとこなかった。まとめて読んだら何か違うかな? と試してみたんですが。

ルピナス探偵団の憂愁 (創元クライム・クラブ)ルピナス探偵団の憂愁 (創元クライム・クラブ)
(2007/12)
津原 泰水

商品詳細を見る

高校時代「ルピナス探偵団」として様々な事件に遭遇してきた少女3人と少年1人。卒業後、それぞれの道を歩んでいた4人のうち、1人が不治の病で世を去った。久々に顔を合わせた3人に残されたのは、彼女が死を前にして百合の樹の林に造らせた、奇妙な小路の謎だった――。第1話「百合の木陰」から時を遡り、高校卒業式を目前に殺人が起きたルピナス学園で、彼らが授かった“祝福”を描く第4話「慈悲の花園」までを辿る。津原泰水だからこそ書き得た、少年少女たちの「探偵」物語。 (東京創元社書籍案内より)

これがまた、びっくりするくらいよかった!
雑誌と比べたわけじゃないんで、どのくらい加筆してるのか確かめていないんだけど、大まかなストーリーは変わってない。でも、なんか違うのですよ。

第一話冒頭で、主要人物の一人がいきなり死亡して、しかも彼女の生前の不思議な行動の謎を解く、ストーリーとしてはオーソドックスながらシリーズものとしてはありえない展開。そこから徐々に話がさかのぼって、ああ、こういう仕掛けなのね、と思いながら読んでたら。

最後の話、第4話、時系列的には最初の話、そのラストシーンから巻頭の話にぐぐっと引っ張られて。
ただでさえ、「卒業」という泣かせる場面なのに、ああ、こうつながってるのか、ちゃんとつながって生きているのか、と思うともう、ほろりとしたよ。

それぞれの話をただミステリとして読むと「まあまあ」程度なのだけど、その合間に見え隠れする死んでしまった彼女と、その友人たちの心のありようが実に・・・じつにこう、胸をつく感じなのです。
終わりが見えてるからこそ、描ける物語はあるのだと。

(85点! 満喫)
 
 
 
ここから追記。
「だんだんさかのぼっていく」と聞いて、桜庭一樹の「私の男」を連想したけど、ストーリー全体の仕掛けとしては断然こっちのほうがいい。ミステリ好きな分差し引いて考えても、こっちのほうが好き。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/835-8daec171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。