乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
盗作盗作
(2003/06/13)
伊藤 たかみ

商品詳細を見る

自殺した親友が残したフロッピーと彼の名を使って僕は作家になった。ある日突然何も書けなくなった僕は、彼が生きているのかと疑い、死の真相を追い始める。生と死のパラレルワールドを潜りぬけて神を殺す小説家の物語。(「MARC」データベースより)

友人の名前をペンネームにしてしまったから、二人の運命が交錯してしまったんだ。そんな思い込みのような感じで、その友人の死の真相を探り始める主人公。もう、この段階で、「どれが現実なんだ?」って気持ちがしてきます。
彼らの運命のターニングポイントで常に現れる幻のような女性の正体は? なぜ彼女はいつも変わらない姿で現れるのか? 彼女は本当に実在するのか? これもストーリーを通して何回も現れる謎の一つ。 

で、感想なんですが・・・。
すいません、よくわかりませんでした。
読んでる最中はわかってる気がしてたんだけど、感想かいてみようと思うとすり抜けていってしまいました。
どれが現実かつかめない、ふわふわした感じ。
夢にしては残酷で、パラレルワールドというには揺らぎがあって・・・。

しっかり、じっくり、読み込んだら面白いのかも。思わせぶりなことばもいろいろあるんで、深読みしつつ進むのが正しい読み方なのかな。
私はそこまでの魅力を感じられませんでした。

(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/839-79f76331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。