乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「14歳の世渡り術」シリーズの一冊。このレーベルがいまいちよくわかりません。

復讐プランナー (14歳の世渡り術)復讐プランナー (14歳の世渡り術)
(2008/06)
あさの あつこ

商品詳細を見る

いじめに会っている友人をかばったことで、突然いじめの対象になってしまった雄哉。そこへ、図書委員の先輩が「復讐計画を立ててみればいい・・・」という話を持ちかけて・・・。

いじめられる心理とか、いじめっ子側の事情とか、「解決できるとは限らないけれど」っていう先輩の書き方とか、うまいなあ、とは思うのだけど。
小説として読んだら、評価はできない、かな。

いじめはなくならない。一時的に解決しても、標的が変わったりいじめる人が変わったりするだけで、「いじめ」そのものはなくならない。
じゃあ、そのとき、「いじめられる側」から抜け出すために、何ができるのか・・・。という、問いかけをはらんだ本。すべての問題が解決して大団円、というわけには行きません。物語として不満が残るのはそういう部分。

しかし、今実際に友人関係で悩んでいる人にとっては、ほっと一息つけるのかもしれない。
作中に出ている「こうしたら?」といういくつかの提案は、具体的で実現可能だから。
量的にも少なめで、ちょっと読書慣れしてる人なら30分程度で読めると思います。

(しかし、小説として読んだ私としては 70点 になってしまうのだ)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/856-d0191229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。