乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
こないだから「銀行員に自分のお金を他人に渡されそうになってキレる中年親父の話(ネタわれなので反転)、誰のなんだったかなー」って思って探してました。これでした。記憶力、年々落ちてるなー。

最悪 (講談社文庫)最悪 (講談社文庫)
(2002/09)
奥田 英朗

商品詳細を見る

不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んでいた。和也は、トルエンを巡ってヤクザに弱みを握られた。無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。(「BOOK」データベースより)

登場人物に、悪人はいないんですよ。
たとえばみどりの章で出てくるセクハラ上司とか、セクハラの事実を利用して競争相手を蹴落とそうとする派閥のトップとか、「嫌なやつだなー」と思うことはあっても、「大悪人」というのではない。あえて言うなら和也を追い込むやくざは割と悪人かな。でも先に付け入る隙を作っちゃったのは和也だし。
普通に、日常生活を送ってて、ほんの少し躓いて、それを何とか取り返そうとしたら事態はさらに悪い方向に向かっちゃって、どんどん加速度が増していって、そんな人たちが出会ってしまったらそりゃもう悪いほうにしか行きませんぜ、みたいな話です。

最初の方はスピード感もそれほどじゃないんですが、後半どんどん勢いが付いていきます。何でそっちを選ぶわけ? と腹立たしくなりつつも、いったいこの先どうなるの?と気になって気になって、一気に読み進む感じ。
ワイドショウ的な下世話な興味、というか・・・まあ、他人事で作り事だから笑えるんだよね。

そしてラスト、決してハッピーエンドじゃないのだけれど、あまり苦くない読後感。
事件の落としどころは「最悪」ではありません。

(80点! 再読なのに楽しめました)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
いらいらして読んだよ。
鉄工所の社長になったような気持ちになってさ。

まぁ、なんというか、ここいらが現実なんだろうなぁ、って思った。
2008/09/29(月) 22:32:28 | URL | ねじ [ 編集]
コメントありがとうございます!

いらいらしましたかー。
確かにあの追い詰められてく感じは「そんなことしちゃ駄目だって!」と思いながら、
でもやっちゃうかもなー
だんだん視野狭くなっていくよなー
追い詰められていくよねー
という感じがしましたね。

でも多分、現実はもうちょっと柔軟なんじゃないかと思います。
あんなに騒音公害が・・・就業規則を・・・って杓子定規な人、そうそういるとは思えないし。(今の時代はいるのか?)

私にとっては市役所の対応が怒り爆発でしたけどね。
2008/10/02(木) 11:11:40 | URL | 千砂 [ 編集]
>あんなに騒音公害が・・・就業規則を・・・って杓子定規な人、そうそういるとは思えないし。

えっ~、いるって腐る程。(地域差か・・・)
規則をたてに鬼の首をとったような連中がさ。
同様に市役所の対応も確実にありうる。
で社長に成り代って『イライラ』してました。

まぁその結果、同様な弾けかたするかは・・・、不明ですが。
2008/10/02(木) 21:04:27 | URL | ねじ [ 編集]
地域差かもしれませんけど、
だとしたら今の世の中、ずいぶん人生経験の足りない、交渉の下手な人ばっかりなんですね。
絶対、あの町工場の親父を落とすなら、
「どうしても頭痛がするんで・・・せめて夜7時以降は何とかなりませんか」
とか情に訴えてった方がうまくいくと思いますし、
(奥さんが一度言ってきたやつ。あの線でだんだん条件を拡大していくの。「せめて日曜は5時くらいには終わらせてもらえませんか」「3連休のうち一日だけでも何とかなりませんか」って)
時間はかかるかもしれないけど、「でもあの奥さんにああいっちゃったし、あの人もかわいそうだし」って身動き取れなくなるの必至だし。

小説として、加速つける為に、ああやってわかりやすく悪者風に仕上げたんだなあ、と思って読みましたが。

そもそも、あの工場主さんたちも、対応下手だよね。わざと、戯画化して描いたんだなあ、と思いますよ。
2008/10/07(火) 10:24:50 | URL | 千砂 [ 編集]
う~ん、劇画化してかな・・・、そっか。
2008/10/08(水) 23:04:03 | URL | ねじ [ 編集]
いえいえ、
劇画(げきが)ではなく、戯画(ぎが)です。
パロディっぽく、ってくらいの意味で取ってもらえるとありがたい。
2008/10/16(木) 22:34:08 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/860-2a2568ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
不況にあえぐ鉄工所社長の川谷は、近隣との軋轢や、取引先の無理な頼みに頭を抱えていた。 銀行員のみどりは、家庭の問題やセクハラに悩んで...
2009/02/10(火) 11:30:46 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。