乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
まとめて読み返したんで、まとめて感想あげてみます。

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 (新潮文庫)女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 (新潮文庫)
(2001/07)
乃南 アサ

商品詳細を見る

『凍える牙』で、読者に熱い共感を与えた女性刑事・音道貴子。彼女を主人公にした初の短編集。貴子自身がゴミ漁りストーカーに狙われて、気味悪い日々を過ごす「あなたの匂い」。ビジネスホテルで無理心中した老夫婦の、つらい過去を辿る表題作など6編。家族や自分の将来に不安を抱きつつも、捜査に追われる貴子の日常が細やかに描かれる。 (「BOOK」データベースより)

まだ起動捜査隊だった頃の貴子を主人公にした短編集。
短編なので、事件としてはそれほど入り組んだつくりのものもないのだけど、ずっしり重い話も混じってたりする。
老夫婦の死体が発見されて、他殺の可能性をつぶすために捜査に出た貴子。徐々にわかる老夫婦の半生。最後に明かされる死の原因と、それを際立たせる人と人との情のつながり。技巧にこらず、あっさり書いたからこそ際立つ哀しさ。うまいなあ、と思う。

こういう話を読むと、ミステリを読んで「このトリックは先読みできた」とか言ってる自分が嫌になる。人の命って、そんな軽いものじゃないよね。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/877-e16ac8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。