乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
あさのあつこ氏、初期の短編。文庫にて再販。売れてるんでしょうかね?

あかね色の風/ラブ・レター (幻冬舎文庫 あ 28-1)あかね色の風/ラブ・レター (幻冬舎文庫 あ 28-1)
(2007/04/12)
あさの あつこ

商品詳細を見る

陸上部で怪我をして自棄になっている遠子のクラスに転校生の千絵がやってきた。複雑な家庭の事情も屈託なく話す千絵に、遠子は不思議な魅力を感じる。 (amazon・出版社 / 著者からの内容紹介 より)

不器用で頑なな主人公・遠子が、化石好きの転校生千絵に出会って変化する話。
この遠子の性格が実にあさのあつこ氏らしい。冒頭、「引っ越してきたから仲良くしてやってね」という千絵の祖母に、『そんな事言われくらいで仲良く出来るわけない、そんなに簡単なものじゃないんだから』と考え、でも口は出さない、たった2ページのエピソードで浮かび上がる不器用さ。ここではきはき言うようなら、(それはそれで子供の癖に生意気とか言われるんだろうけど)親との関係もちょっと変わってくるだろうな。「バッテリー」の巧の原型、といわれると納得。
対応する千絵もいい。一見美少女で、人当たりがよくて、屈託がなくて、人の輪の中心にいるようなタイプなんだけど、実はいろいろ質問してくる人をわずらわしく思っていて、化石オタク。
べたべたしない、つるまない、一緒にいても話もしない、だけど通じ合っている二人。
ちょっとおせっかいな遠子の母親がアクセントになって、うまいまとまり方をしている。

泣かないから哀しくないわけじゃない。笑ってるから楽しいわけでもない。
文章ではっきり書かなくても、そういう「感情」を伝えてくるのは、やっぱりうまい。
無駄な文章のない、すっきりしたつくり。

併録の「ラブレター」も、恋のようなものをはじめて知った女の子の気持ちを丁寧に追った良作。

(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/884-c49dc98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。