乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
というわけでたまりにたまった感想から、まずは一冊。

使命と魂のリミット使命と魂のリミット
(2006/12/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る

心臓動脈瘤の手術で父を亡くしたことをきっかけに心臓外科医を目指した夕紀。師事するのは父の手術を担当し、結果的に父を死なせてしまった西園医師。父と同じ病状の患者の手術日が迫る中、病院あてに脅迫状が舞い込んで・・・。

父の死に疑問を抱いた娘。
ある目的の為に、病院に脅迫状を出す男。
脅迫状を脅迫だけで終わらせる為に、捜査に乗り出した刑事。
3人の視点から物語は語られます。

ストーリーの芯は二本。
父が死ぬ結果となった手術を執刀した医師が、自分の母と交際していて、再婚することになって、「本当にあの手術があの結果になったのは偶然なのか、故意ではないのか」と疑問を抱く夕紀が、真相に近づいていく部分と、「とある目的の為に」脅迫にいたった青年の起こした行動と動機について探っていく部分。偶然、両方の終結日がある手術の日になる。

これはまったく個人的な感想なのだけど・・・。
外科的処置の場面がストーリー上重要な場面な場合、わかりやすく詳しく書こうとして、流れをせき止めてしまう作家さんも時々いる中、さすがベテランの筆によるとこうなるのか、と納得しました。
さらっと書いた一文で、その人の人となりを表すことが出来る、というのはさすがだなあ。重くなりすぎない緊迫感、というのか・・・。

そして、脅迫犯の目的が徐々に明かされていく過程も面白かった。さすがミステリの名手、手がかりの出し方は慣れてらっしゃる。

あえて難点をあげるとしたら、妙にみんな「いい人」なこと。解決も、ちょっと甘すぎやしませんか。もっとシビアに書いてもいいと思うんだけど・・・。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/886-79e5675a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。