乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
時々、何かの反動のようにミステリが読みたくなります。それも、犯人の心理は通り一遍でかまわない、トリックメインのミステリを。

犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス)犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス)
(2008/01/22)
法月 綸太郎

商品詳細を見る

霊園で見つかった死体。被害者の家の中には何かを探した形跡が残っていた。その中でも不自然だったのは、ゴム手袋を履くのに利用したと思しき5枚の軍手。何故犯人はそれほどたくさんの軍手をはかなくてはならなかったのか?(『ヒュドラ第十の首』より)星座をモチーフにした短編集。牡羊座から乙女座までの6編を収録。

犯人当てのテキストに使えそうな短編集です。実際何編かは問題として雑誌掲載されたものです。

トリックメインのミステリなので、動機的な部分ではちょっと無理があるかも、と思えるものも混じってます。しかし読みながら「こいつが怪しい」と思い、さかのぼって不自然な台詞を探し、事件の内容を推理し、さて名探偵の推理やいかにと思って読む話では、このくらいがちょうどバランスがいいのです。
最後に明かされる真相が鮮やかであれば、なおよし。

安心して読めるミステリです。
パズル的に読むのが最適。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/889-e5aec52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。