乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
空中庭園 (文春文庫)空中庭園 (文春文庫)
(2005/07/08)
角田 光代

商品詳細を見る

郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは「何ごともつつみかくさず」。でも、本当はみんなが秘密をもっていて…。ひとりひとりが閉ざす透明なドアから見た風景を描く連作家族小説。(「MARC」データベースより)

姉・父・母・祖母・家庭教師(兼父の愛人)・弟と、5人家族プラス一のそれぞれの立場から、家族のことを語った連作小説。
大きな団地の中の一室に住む家族。父親の職業が不安定なことを除けば、普通の家族のように見えるのだけど。
そもそも、「できちゃった婚」で予定外に父親になってしまった男が、大人になりきれなくて、「あの時結婚なんかしなければ俺だって普通に大学卒業して就職してまっとうな人生歩めたはずなのに」と考えているのがそもそもの問題。せめて妻の方がもう少ししっかりしていたら違ったのかもしれないけど、「とにかくこの母の元から離れたい、それには結婚するのが一番だ、この男ならきっと子供を作っちゃえば逃げ出さないに違いない」と思ってたような母親だから、結果はあまりいいとは思えない。
でも、表向きは「隠し事のない明るい我が家」なのです。
どこかゆがんでる。

ありえない、「理想の我が家」のために、表向きは隠し事のないように取り繕いながら、実はいろいろ抱えて生きてく家族。
それでも、つながって生きていく家族。
「空中庭園」というタイトル。「ありえないもの、だけどあってほしいもの」といったニュアンスを感じた。

やっぱり角田氏は上手いよ。「女のいやらしさ」を書かせたら絶品。
(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/891-15bb5667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
しばらく前に友人と遠出して、ホテルに1泊したが、どうも内装が安っぽくて、「なんだかラブホテルみたいね」と言って笑った。 しかし「え...
2008/11/05(水) 13:33:01 | ぱんどらの本箱
空中庭園 (文春文庫)角田 光代Amazonランキング:23736位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 評価:★★★☆☆ 角田さんの空中庭園を読みました。 晴れて就職することができ、またも就職先は静岡。 静岡駅まで自分の住んで
2008/11/07(金) 00:48:13 | のほほんの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。