乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
最近読んだ本の書評めぐりをしていたら、「恩田陸のドミノを思い出した」と書かれていて、あ、それ未読だな、と急いで借りてきました。

ドミノ (角川文庫)ドミノ (角川文庫)
(2004/01)
恩田 陸

商品詳細を見る

舞台は東京駅とその周辺。今日中に契約を本社まで送らないといけない生命保険会社の社員、俳句のオフ会で上京した男と彼を待つ警察OBの歌人、ミュージカルのオーディションを受ける小学生の少女たち、別れ話をするのにいとこに協力をお願いした青年実業家など、普通の人が何気なく起こした行動が、だんだん大きな波紋を呼んで・・・。

この本はスピード感が命、です。ひとつの行動がどんどん次の行動を呼び、加速的になんだかおかしいことになっていく。悪意らしい悪意があるのは唯一テロ組織の面々だけなんだけど、彼らもどっちかというとちょっと抜けてる感じに書かれている。
思わぬ方向にどんどん事態が進んでいって、みんな「なんかおかしいなあ」と思ってるのにとまらない。
ドミノとは上手いタイトルを付けたものです。

かといって、プロットが雑なわけではない。むしろ、必要なピースを計算してかっちりはめ込んである感じ。途中で必要な部品がなかったら、ドミノの続きは倒れなくなっちゃうもんね。

恩田陸にしては珍しく、どんな人にでも薦められる本。
(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/894-0289abde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。