乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
6巻が出た時に「必要なのかもしれんがストーリーに進展がなくいまいちだった本」という感想を書いたのでした。その分7巻は期待して読みました。

NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)
(2008/10/10)
あさの あつこ

商品詳細を見る


いよいよ紫苑とネズミは矯正施設の内部へ侵入を開始した。プログラムの穴を付いて最上階を目指す紫苑たち。彼らを待っていたものは・・・。

大変面白く読みました、が、やっぱりこのレーベルは物語が要求するものよりちょっと分量が足りない気がする。どうしても二人の心情や周囲の人たちの気持ちを書き込むと、ストーリー的に進行しなくなってしまう。もちろん心情部分を削ってしまってはこの作品のいいところが減ってしまうのはわかるんだけど・・・。

紫苑よりネズミの方が人間らしい感情を持っているのかなあ、とも思いました。
前からほのめかされていた崩壊の予兆がだんだん大きくなって、街が揺れていくさまも、山場の近さを予感させます。
今まで読んでた人なら、読まずにはいられないでしょう。

結論。
完結まで、このシリーズの感想はもう書きません。
(この短文の感想を書くのにどれだけ苦労したことか・・・)

(完結まで、点数もなし)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
時々お邪魔して、共感する部分や解釈の相違を楽しみながら拝読させて頂いておりました。

あさのあつこさんの著書は好きですが、この#7も完全な最終章=完結ではなかったのでしょうか?
先は想像出来る。多分、的外れではないだろうと思いつつも、満足に至らない読後感があります。
このモヤモヤ感は「No.6」だけじゃなく、他の作品も同様に、作者の罠にかかったような気がします。
「福音の少年」に至っては、読者を放り出したような勝手な終わり方に思えて、怒りを覚えたりしました。『そんな~~!』って途方にくれて・・・・。
フルコースのディナーのはずが、コーヒーとデザートが付かなかったような、、、、、(笑)
それでもまたオーダーしてしまう自分に、いい年の大人が児童書を読み耽る事に、戸惑いながら苦笑しています。

取り留めなく、独り言のコメントですみません。
千砂さんの乱読を、これからも楽しみにしています。
2008/11/10(月) 09:56:37 | URL | nao [ 編集]
>naoさま
書き方が悪くて申し訳ありません。

NO.6はまだ完結してません。他のシリーズと違って、「続く」と明記してあります。ストーリーもずっと続いてます。
そして、一巻発売当初から読んでますが、ずーっと同じ謎を引っ張ってます。「今回こそ明らかになったかな?」と思って読み始めては「まだだった・・・」とがっかりするのがパターンです(苦笑)

なので、
途中まで読んで評価するのが難しくなってきたんですよね。
またこれしか進まなかった、って感想じゃ何か違う気もするし。

何年さきか解りませんが、完結してから評価の対象にするべきシリーズだと思ってます。きっちり、いろいろ明かしてもらいたいと思います。
2008/11/10(月) 15:51:03 | URL | 千砂 [ 編集]
>鍵コメの方
とりあえず本当に8巻に期待ですよ
いろいろ言うのはそれからですよね
2008/11/14(金) 10:44:39 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/895-caf8cb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。