乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なかなか作品発表順に読めないのが図書館利用者の悩み。この方の作品も評価の高い「空とぶタイヤ」を先に読んじゃったのよね。欠点が気になるかしら、と思ったのですが。

果つる底なき (講談社文庫)果つる底なき (講談社文庫)
(2001/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る

「これは貸しだからな」。謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった…。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ一人、銀行の暗闇に立ち向かう! (「BOOK」データベースより)

もっとオーソドックスな陰謀ものを想像していたら、ハードボイルドな作品でした。
同僚が事故とも事件とも取れる突然の死を遂げ、彼が横領していたことが発覚する。潔白を信じる主人公は彼の死の直前の仕事について調査をはじめるが、周囲に不穏な空気が漂い始める。しかも、どうやら彼が前に交際していた女性の父親が経営していた会社の裏事情が関係しているらしく・・・。
銀行員ものなら、暴力のにおいが出てきたところで、主人公が違う道筋を探し出すもの、という偏見があったんですが、この話の主人公の伊木は、いっそ馬鹿なほど道筋を変えない。むしろ、「何かある」と判断して、よりいっそう突き進むタイプ。
これこそハードボイルドの王道。

銀行内部のあれこれも、それほど深く理解してなくても読み進められる簡潔さ。
もうちょっとねちっこく銀行内部の闇について書いてくれると面白かった気もするけど、それはまさしく「次回作に期待」な部分で、実際このあとの作品ですでに発表してくれてたりする。

残念なのはヒロインの書き方が薄っぺらいことかな。早いうちに印象的なエピソードがひとつあると違った気がする。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/896-a693c6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。