乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
このシリーズは短編集だと思い込んでいたら、長編でちょっとびっくり。

蒼い月  なみだ事件簿にさようなら! (ノン・ノベル 852)蒼い月 なみだ事件簿にさようなら! (ノン・ノベル 852)
(2008/08/29)
鯨 統一郎

商品詳細を見る

連続強姦殺人事件。現場には「蒼い月」と署名が残されていた。一流の刑事たちが捜査に当たる中、別働隊の機平隊では「伝説のサイコセラピスト」波田煌子をアドバイザーに招く。ところが、煌子の元同僚の久美子が「蒼い月」にさらわれ・・・。

波田煌子の予想が変であればあるほど、その後の「実はこういうことで」という解明の意外性が引き立つのがこのシリーズのいいところ、なんだけど。
長編にして過去の因縁を取り混ぜてしまったので、その辺のスパッとした切り口はちょっと引っ込みがち、かな。

鯨統一郎氏の作品の特徴は、「人物を書き込みすぎない」ことだと思います。
「心」は存在するんだけど、それによって文章が流されたりストーリーが揺らいだりしない。
真実の吐露の部分に、変に感情移入して大きくページを割いたりしない。
それは「あるがままにただ存在すること」として、ストーリーの一部に組み入れられちゃう。
ちょっとあっさりすぎ? と思わないこともないんだけど、じゃあ書き込んだら・・・と想像すると、切れがなくなってしまうだろうなあ、と思えます。
なんとも「こういう系統」と分類しがたい、ちょっと違う話。

短編の方がストレートで好き、かな。この作品が面白くないわけじゃないんだけど。
(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/901-1bd4fb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。