乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
待ちました~~。図書館の予約がものすごくて。Ⅱはまだ、3~4ヶ月以上かかりそうです。気長に待ちます。
(そして今、一番長く待っているのは宮部みゆきの「おそろし」です)

別冊図書館戦争 1 (1)別冊図書館戦争 1 (1)
(2008/04)
有川 浩

商品詳細を見る

図書館戦争本編のその後。「彼氏」「彼女」になった郁と堂上が少しずつ距離を近づけていく物語。

えー「火村英生に捧げる犯罪」を読んでいたときはこの話を読めるというのが嬉しくてにやけっぱなしで読んでたんですが、この本は内容がこっぱずかしくてにやけっぱなしでした。

べた甘は仕様です。
解っていたけど恥ずかしいです。甘あまで。くっは~~やってられないわ~とかいいながら読むのです。それが楽しいんです。
ただし、お子様には刺激が強すぎる場面も含まれてます。

そして。
合い間にはさまれる「図書隊」の仕事の様子のバランスがいい。
図書館というのは公共施設で、誰でも入れて、善人ばかりとは限らないけれど片っ端から疑うわけにも行かない。悪人じゃないけど迷惑な人も多くて、その中で毎日毎日の積み重ねが大切で。
「本」というものを愛する身として、身につまされるような話もありました。

冷静に「仕事」としてみるとこれでいいのか? と思う部分もたくさんありましたが、キャラクター重視で読む分には文句なし! です。

(90点。本編に比べて点数高めなのは期待値が低かったから)
 
 
 
ここから追記。

しかし!
ラストの「俺から××を××して ××するつもりはあるか」
ってあまりに・・・あんまりじゃないですか!
一生に一度なのに~~~

と、感情移入してのたうちました。はい。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/903-0cd44b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。