乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
平成17年のミステリアンソロジー。著者全員の本を複数読んだことがありました。こういうのって、結構珍しい。

赤に捧げる殺意赤に捧げる殺意
(2005/04)
有栖川有栖 折原 一

商品詳細を見る

豪華著者によるミステリーアンソロジー決定版!
火村&有栖が、メルカトル鮎が、狩野俊介が! なだたる名探偵たちが不可解な謎に挑む!! 豪華執筆陣が贈る、緻密かつ精密な論理の迷宮への招待状。 (出版社 / 著者からの内容紹介より)

↑と、紹介文は非常に華々しい感じだったんですが、まあ、そこまで持ち上げる本でもないですね。角川スニーカー文庫で出ていたミステリアンソロジー集からの再録で、結構読んでたのが混じってたからかもしれませんが。
著者は 有栖川有栖/折原一/太田忠司/赤川次郎/西沢保彦/霞流一/鯨統一郎/麻耶雄嵩。

私が一番感心したのは赤川次郎氏「命の恩人」。氏の作品はあまりに作品数が多くて、ほとんど読んでないのだけれど、たくさん出版されるにはやはりそれなりの訳があるんだなあ、と思いました。
夫の実家の法事に向かうさなか、線路に転落した娘を助けてくれたのは大企業の創業者の息子。お礼に向かった久美子は婚約者と間違われてお家騒動に巻き込まれることに・・・、というストーリーなのだけど、なんといってもさくさく進む読みやすさが魅力。それでいてラストまでにちゃんと心情的山場を用意してあるところなんか手馴れてる。

霞流一はいつものバカミス。「ありえんて!」って言うのが面白いんだよね。

いろんな系統の話が入っているんで、「この人どんな話書くんだろう」という人にはいいかな。

(74点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/906-eac57472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。