乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
帯の解説がいかにも面白そうじゃないですか。父を疎んじてる息子が、父と同じ職業について、同じ職場で働くことになる。殺人事件を追う、「刑事」という現場で。この方の人間描写はいい、と思ってたんで、迷わず読んだんです、が。

ビター・ブラッドビター・ブラッド
(2007/08)
雫井 脩介

商品詳細を見る

警視庁の新米刑事・佐原夏輝。初の現場でコンビを組むことになったベテラン刑事は、 少年時代に別離した実の父親だった――。各界から大きな注目を集める著者による、渾身のミステリー。(出版社 / 著者からの内容紹介 より)


さぞかしこう、込み入った人間ドラマを読ませてくれるんだろうなあ、と期待を持ったのがいけなかったのか。
冒頭はいい感じだったのです。
祖父の葬儀、喪主を務めることになった主人公の夏希、遅れてやってきた父の明村。鷹揚に構えている父と、その父を疎んじている息子。ほんの2~3ページでさらりと主要な二人の説明をしてくれる。上手い。

しかし、その後、「捜査一課オタク」の同僚に、父が属する五係の面々の説明を受ける場面で、ちょっと萎えた。
「アイスマン」「ジェントル」「ゴブリン」「チェイサー」「スカンク」って。そんなあだ名を付けられた刑事たちが活躍する捜査一係って。・・・なんか、予想してたのと違うかもしれない・・・。

ストーリーはいいと思うんです。
情報屋との癒着を懸念していた係長が何者かに刺殺され、弔い合戦となって士気があがると思いきや、呆けたような5係。元5係で6係に移動した小出と組まされた夏希。5係内に問題があるらしく、係長はそれを探っていたようだった。問題の人物は誰だ?
この作者なら、王道にのっとって書いていけば、断然、面白くなる話だと思う。


もったいないなあ。
ストーリーは偶然に頼りすぎて薄っぺらいし、キャラクターはあだな以上の深みがない。シリアスなストーリーなはずなのに父親の明村がコミカルすぎてそっち引きずられてる感じ。ヒロインも、もう少し書き込めばうんと魅力的になると思うんだけど。

冒険作、だったのかもしれない。でも、期待してこれ買ったら、「金返せ」といいたくなる、と思う。

(今日は辛口70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/916-31416272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
佐原夏輝が警視庁S署E分署の刑事課に配属されて早々、E分署管内で不審死体が発見された。 捜査は本庁の捜査一課が指揮を執り、E分署か...
2008/12/04(木) 15:58:56 | ぱんどらの本箱
イラストレーションは日端奈奈子。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。 「パピルス」掲載に加筆修正。 新米刑事の佐原夏輝は初の現場で...
2008/12/05(金) 01:41:24 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。