乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
久しぶりに図書館本。読むのにめちゃめちゃ時間がかかりました。

あなた〈上〉 (新潮文庫)あなた〈上〉 (新潮文庫)
(2006/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る

秀明はやや軽めの明るい浪人生。明るいといっても二浪目に突入したのだから、多少の屈託もないわけではない。しかし、女子大生の彼女もちゃんといて、携帯メールを間断なくやりとりして、にやけてみたり、ふて腐れてみたり…。受験の年の元日の未明、秀明の身体を異変が襲った。胃を握り潰されるかのような激しい吐き気、強烈な圧迫感。それは底なしの恐怖の序章に過ぎなかった。(「BOOK」データベースより)

秀明の側から語られる章と、秀明に「あなた」と語りかけ秀明を愛しぬくと決めた異変を起こしている張本人が語る章が交互にくる形式。
読者には秀明の異変の原因が最初から解るのだけど、その主が何者か、というのは最後までわからない。

いやらしくねちっこい女の情念、といってしまえばその通りだし、人を好きになるのに理由はない、とも言えるし、ある意味純愛、といえなくもない。
しかしあまりにしつこいし、読後感もよろしくない。
作中、一人の女性との付き合いを通して(正確には二人かな)主人公の秀明に成長の気配があるのが救いかな。

文庫の帯に「切ない青春ホラー」という意味合いのことがかかれてるが、私は切ないとは感じなかった。ホラーというには怖さの演出が足りない気もするし。

乃南アサ氏の本は、「はずさないだろう」と安心して読んでいたのだけど、これはちょっと微妙。

(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/921-6d3af5ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。