乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
最近、更新が滞っております。なんか読書に集中できないんだよねえ・・・。

だれかのいとしいひと (文春文庫)だれかのいとしいひと (文春文庫)
(2004/05)
角田 光代

商品詳細を見る

転校生じゃないからという理由でふられた女子高生、元カレのアパートに忍び込むフリーライター、親友の恋人とひそかにつきあう病癖のある女の子、誕生日休暇を一人ハワイで過ごすハメになったOL…。どこか不安定で仕事にも恋に対しても不器用な主人公たち。ちょっぴり不幸な男女の恋愛を描いた短篇小説集。 (「BOOK」データベースより)

角田氏の書く女性は本当にいそうで、毎回「あるある」って共感して読む。
今回はその中でも、ぼんやりと不幸な感じの女性ばかり出てくる短編集。(男性主人公のものもあり)
全体にパワーが足りない、状況に流されがちな・・・。でも、本当にこんな女の子、いるよね。

「よくも書いた」と思ったのが「花畑」。
交通事故を起こして借金を申し込んできた弟、妊娠中に精神的に危うくなった姉、離婚寸前の親、とだれにもすがれない状況の「私」。弟が恋人からもお金を借りて失踪したため、恋も失ってしまい、会社内での立場も微妙。こんな災難に次から次へと見舞われていくのに、読後感は陰鬱じゃないのです。未来が明るいかどうかは解らないけれど。

そしてすばらしいのが装画。酒井駒子氏のイラストが絶妙です。最近、挿絵の入っている本を読むと「邪魔だなあ」と思うことが多かっただけに、感服しました。
(78点)




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/929-8997acb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。