乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なんでまたこの時期にこの本を。ブームはもう去ったでしょ。と思う自分と、ブームが去ったから予約なしで借りられるんだよねえ、と思う自分。とりあえず読んでみました。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
(2005/06/28)
リリー・フランキー

商品詳細を見る


読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。(アマゾン・出版社 / 著者からの内容紹介 より)

リリー・フランキーの自伝的小説で。
母親からの愛情を一身に受けて育った少年が、大人になり、自分の人生を切り分けるように僕にくれた母親を、おくらなくてはならなくなり。
哀しさと愛情と、後悔とにいっぱいになって、それでも自分を支えてくれているのは今まで愛してくれた母親の愛情である、ということを語った作品で。

うん。
すごくいい話で、時々ほろりとする。
母親の愛は偉大だなあ、という場面がそこかしこにちりばめられていて、そんな母親に甘えてばかりの息子もどうしようもないけど憎めないキャラクターとしてかかれている。いい文章も多いし、読後感も明るいし、ここが欠点という場面は見つからない。ベストセラーも頷ける。
実際、それほど遠くない将来にやってくるであろう、自分の親との別れに思いを馳せてみたりもした。
当事者だからかけるであろう、後半部分の母親を看取る場面はすごくいい。

あえて欠点をあげるとしたら・・・。
最初の方は、「小説」なのです。少年がいて、母親がいて。母親の愛は偉大で、父親はどうしようもなくて、息子も途中まではちゃらんぽらんで。普遍的な、変則的な家族の話。
が、途中から「リリー・フランキー」のはなし、になる。
いや、最初からそうだったよ、という向きの方もいるでしょうが、私は突然主人公が作者と重なった気がした。「自伝的」じゃなくて「自伝」なんだ、と思った。急に、生々しくなった感じがした。

生々しさは、欠点ではないし、むしろそれが出てきてからの方が面白いのだけど・・・どうにも、主人公の心情にするっと寄り添えない感じがしました。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/935-e808ce89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
リリーフランキーに関するブログをまとめています。
2009/01/21(水) 05:34:28 | blogring.org
管理人の承認後に表示されます
2013/04/08(月) 22:50:36 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。