乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
シリーズものの三冊目(推定)から読み始める、よくない読者でございます。

モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)
(2007/06/15)
近藤 史恵

商品詳細を見る

深夜のスポーツクラブでひとり残ったスタッフの行動は―。希少種の猫を入手するため、バイトをかけもちする女子大生が―。小児病棟に配属された新人看護師の前に現れた“魔女”の正体は―? 妹を殺害してしまったアクセサリー通販会社社長は進退きわまって―。
謎を洗いたてて事件をリフレッシュ! 女清掃人探偵掃査中。 (「BOOK」データベースより)

日常の謎系の短編4作。一編だけ殺人事件がテーマですが、それほど重い感じはしません。

それぞれの短編で主人公が違って、彼らが遭遇した「ちょっとした不思議」をたまたま知り合いの清掃員「キリコ」が解き明かす、といった形式です。

私がうなったのは「愛しの王女様」。
ペットショップで一目ぼれした猫を手に入れるために、バイトを掛け持ちしてお金をためる主人公。ところがようやく手に入れた愛猫は、ある日突然別な猫にすりかえられていて・・・。しかも、すりかえられた猫は、元の猫と同じかそれ以上に血統のよさそうな猫で・・・。
誰が、何のために、すり替えなんてことを?
謎部分は、「知っていれば一目瞭然」なことを基に書かれているのですが、その料理の仕方がいい。「何のために」の部分の、ひねり方が実にいい。
そして何より、親元を離れて一人暮らししている女の子が、ペットショップの猫に心底ほれ抜いて、どんな無茶でもしちゃう気持ち、この描写が絶妙です。

どっちかっていうと近藤史恵氏の作品は固くて暗いイメージがあったので、この作品には驚きました。
しかし、ほかの方のレビューを読んでみると、シリーズとしては異色作で、これまでの作品はもっと探偵役の「キリコ」に焦点が絞られている感じらしいです。

気になります。探したいと思います。

(78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
今週末に返却予定の近藤史恵さんの本を読み終えて
千砂さんは何か読んでるかしら~?と見に来てみたら
本は違えど、ほぼ同じ時期に読んでる~~~(笑)
私も面白いかも?と思ったのでしばらくチェックしてみます
2009/02/06(金) 12:13:47 | URL | 桃葉 [ 編集]
>桃葉さま
デビューから5年くらいは結構読んでたんだけど
もういいかな~ と思って目を離していた作家さんです
(だからこのブログはじめてからは読んでなかったの)

でもどうやらその間に化けたみたいですねー
雑誌掲載作品はちょくちょく読んでたんで油断しました。

もうちょっと読んでみようと思います。

こういう偶然は楽しいね。
2009/02/07(土) 01:07:23 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/943-7c6523c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カバー装画は飯田貴子。 清掃員キリコの連作短編ミステリー、シリーズ三作目。 今回はスポーツクラブ、料理教室、病院、オフィスビルが舞...
2009/01/27(火) 04:46:11 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。