乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ぜーんぜん、どんな人なのか知らないままで読みました。ちょうど最近、沖縄出身の人と「知人」から「友人」になれたところなので、(と、私は思っている・・・一方的にだったりして)タイムリーな感じがしました。

復活、へび女復活、へび女
(1999/09)
池上 永一

商品詳細を見る

彼女は、一体誰なんだろう? 夜ごと添い寝する正体不明の恋人。前世を信じる女子中学生。南の島の神隠し伝説。―現世と異界のあわいを鮮やかに切りとる、8つの都市伝説。 (「BOOK」データベースより) 

沖縄が舞台の短編が4つ、都会が舞台の短編が4つ。

私が思い浮かべる沖縄が舞台の小説は「サウスバウンド」「ホテルジューシー」。旅行に行ったこともないし、非常にあいまいなイメージだけの国です。

ユタとか、正直よく知らない! と思いながら読んだのだけど、しらないからわからないわけではないところが絶妙。土地に根ざした宗教のようなもの(でも宗教という言葉から連想されるものとはちょっと違うもの)が生きている土地の話。サトウキビ畑やコンクリート製の建物といった、現地では当たり前のような部分が生きていて、地元のことを書くというのはこういうことか、と感心しました。不思議なことがすぐ隣にある土地、沖縄。
沖縄が舞台の4編は、どこか根底に明るい色がある気がします。

それに対して、なんとなく寂しげなのが残りの4編。
「自分の居場所じゃない感じ」が全体にします。
特に面白かったのが「前世迷宮」。占い好きの女の子が、占いがきっかけでクラスメイトからいじめられるようになり、ますます占いにのめりこんでいく悪循環。なのに「あなたたちは前世で下層の民だったからね」なんて悪態をつき、どんどん自分の前世を探ることに熱中していく子。
ラスト1ページがなんとも言えずそこに落としたか! と感心しました。

長編も書かれる作家さんなので、今度はそっちも探してみようと思います。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/956-7cfb3716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。