乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ただいま、なぜか「再読」週間中。この本も文庫で出たときに買って、そのまま放置していたのですが、むらむら読み返したくなってきました。初読の時の感想は→冷たい校舎の時は止まるあらすじなどはこちらを。

冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)
(2007/08/11)
辻村 深月

商品詳細を見る


読み返してみて。
あちこちに、真相へのヒントが散らばっていたのが意外でした。重要な複線のひとつは、敏感な人なら開始後10ページくらいで「おかしいぞ」と気づくように出来てるんですね。

しかし、ストーリーが解っていても、やっぱりこの作品独特の、ぞくぞくする底冷えのする感じは減っている気がしないのです。
雪が降りしきる校舎。
閉じ込められた子供たち。
一人ずつ「消えて」行く子供たち。
ホラーとも違う、ファンタジー的な、でもぞくぞくする感じ。
作中の時期は12月なのだけど、この本は絶対冬に読むといいです。今回、外で雪が降っていたので、効果倍増でした。

この話の芯は、「学校祭の最終日に自殺してしまった友人」。
記憶が消されていて、最後までそれが誰かは明かされないし、原因もわからないまま話が進む。
そして明らかにされた「原因」は、想像がつくだけに、生々しくて痛い。
人間関係のひずみが集団内でどんどん増幅される様子は、心当たるだけにうまいこと書いてきたな、と思いました。

それなのに読後感は悪くない。
前向きな、「許された」感じがします。

欠点も目に付くくらいには私も読書慣れしてきたのだけれど、差し引いてもこの本は面白いと思う。
問題はこの長さ。読んでみるとあっという間なのだけど、分量は結構あります。

(点数はつけません)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/963-da1ac054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。