乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
毎年この日に書こう! と決めていて、当日になったらすっかり忘れてる本があるのです。今年は間に合いました(ぎりぎりで。汗)

蒲生邸事件 (文春文庫)蒲生邸事件 (文春文庫)
(2000/10)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。(「BOOK」データベースより)


2.26事件当日が舞台の、タイムスリップミステリーです。

ネタばれ的に書いてしまいますが、このタイムスリップで日本の歴史が変わることはありません。そもそも主人公の孝史には、2.26事件について受験対策程度の知識しかなく、歴史を変えようにも誰に働きかけるといいのかすらわからない。
たまたま、何の心の準備すらなく戦時下に迷い込んでしまって、帰ってくるまでの数日を、おろおろしながら過ごす話。(といってしまうと非常に辛辣な書き方になりますが)
それでいいのです。主人公は孝史になっているけれど、魅力的なのは脇を固める人物。

まずなんといっても、女中のふきがかわいらしい。孝史の、現代とは生活様式が違うことから来るわがままに、膨れたり、しかったり、諭したり。孝史がひかれていく様子も、納得がいく。

そして、平田。彼は時間旅行能力者なのだけど、それは幸せとつながらない。このあたりが実に宮部みゆきらしい。「能力者」が「能力」があるがゆえに苦しむこと、それでも誰かのためにがんばりたいと思うこと、自分を犠牲にしても何かを成し遂げようとすること。
きりきりと胸が痛くなるような、追い詰められていく感じ。

あっと驚くどんでん返しもない、むしろ淡々と進んでいく話。なのに段々感情移入して、どんどん切なくなっていく。

最終章は泣けました。何回読んでも、ほろりときます。

断然お勧め。面白いです!

(95点!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
うんうん!
結構分厚い本だったのに、引き込まれるように読んでしまったもんなぁ。
最後の時代を超えた出会いも良かったよね・・

そっか!千砂さんなら読んでるはず!と思いつつ、何で入ってないのかと思ってたら、日付にこだわってたんだー!なるほどー!
2009/03/04(水) 11:28:33 | URL | kaz [ 編集]
この本はブログをはじめる前に読了してたんで、なかなか手が回らずにいたのよね。そういう本、いっぱいあります。

最近の宮部みゆきはこの路線からちょっと離れていってしまって、寂しい気もします。
2009/03/06(金) 13:16:39 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/974-427de419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今まで、宮部さんの作品、いくつか読んできましたが、 これが一番好きかも。 タイムトラベラーが出てくるので、SFといえばSFなんだけど そのトラベル先が「二・二六事件」! 現代史に疎い私としては、とても興味深く読みましたよ。 主人公は大学に落ち、予備校...
2009/02/27(金) 15:09:32 | 人生いたるところに机あり!
鎌倉大仏の胎内見学から昨日は2月26日、そうあの二・二六事件の日でした。 寒い中、青年将校に率いられた部隊がクーデターをお越し、重臣などを襲いました。新版 機関銃下の首相官邸―2・26事件から終戦まで迫水 久常恒文社このアイテムの詳細を見る 後始末の仕方により
2009/02/28(土) 03:27:23 | NEWS&youtube最新動画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。