乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これも雑誌掲載であらかた読んでいて、単行本にまとまってから読んでなかった本なのでした。

落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)
(2008/07)
田中 啓文

商品詳細を見る

唐島英治クインテットのメンバー、永見緋太郎は天才肌のテナーサックス奏者。音楽以外の物事にはあまり興味を持たない永見だが、ひとたび事件や謎に遭遇すると、楽器を奏でるように軽やかに解決してみせる。逆さまに展示された絵画の謎、師から弟子へ連綿と受け継がれたクラリネットの秘密など、永見が披露する名推理の数々。鮎川哲也も絶賛した表題作にはじまる、日常の謎連作集。 (「BOOK」データベースより)


ジャズバンドのメンバーが主役ですけど、音楽的素養はさほどなくても楽しめるかと。

田中啓文の作品はほとんど読んでないので、的外れな感想だったら申し訳ないのだけれど、割とこう・・・内容を説明しにくい、悪ふざけと紙一重の(でもしっかり面白い)作品を書くお方、という印象がありました。
でもこの本は、一冊丸ごと日常の謎系本格ミステリ。
バンドマンの話なので音楽ネタが多いのはまあ当たり前として、絵画もの・時代小説ものなんかも混じってます。

一番面白かったのは「挑発する赤」かな。怠慢で傲慢な音楽批評家と、来日した伝説のブルースシンガーを絡めた話。ゲストキャラの編集二人が好き。ラスト2ページの展開が小気味いい。

最近は落語ものとかも書かれてるんですよねえ。読んでみようかしら。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/982-7f3a4083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
サブタイトル:永見緋太郎(ながみひたろう)の事件簿。 カバーイラスト・デザインは森山由海・森川結紀乃。 著者は「笑酔亭梅寿謎解噺」...
2009/03/10(火) 23:21:22 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。