乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
「裁判官の爆笑お言葉集」が面白かったんで、早速読んでみたんですが。

裁判官の人情お言葉集 (幻冬舎新書)裁判官の人情お言葉集 (幻冬舎新書)
(2008/09)
長嶺 超輝

商品詳細を見る


正直に。
期待はずれ、かな。

私が、前作で一番いいと思ったのは、見開き2ページにひとつのお言葉という簡潔さ。
ところが今回は、事件の背景や法律の仕組みなどの解説も増えたため、結果的に2ページに収まらず、5~6ページになっているものもあります。また、内容の似た2つの事件が同じページに並んでいることも。裁判官の個性や背景が浮かんでくる気はしますが、これもやっぱり解説が長くなりがち。

ひょっとしたら。
著者が書きたかったのは、こっちの方なのかもしれません。
裁判官の一言をきっかけに、実際にあった裁判についていろいろ考える本。

こういう本はこういう本として面白いし、どちらかといえば好きなんです。著者の物事の捉え方も、好きな方。
しかし…うーん、端的にいっちゃうと読みにくくなった気がする、かな。
特に、海外のお言葉集の章が。どうしても、背景の説明なんかにも頁をさかなくてはならないし。

(73点。悪くはないのだけれど)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/983-a08ac2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。