乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
前巻も面白く読みました。その後発表された「夏のくじら」も面白かった。最近順調な作家さんですね。

天才探偵Sen〈2〉オルゴール屋敷の罠 (ポプラポケット文庫)天才探偵Sen〈2〉オルゴール屋敷の罠 (ポプラポケット文庫)
(2008/07)
大崎 梢久都 りか

商品詳細を見る

天才探偵の千は、転校生の麻美から頼まれ、調査に行くことに。麻美の邸宅の隣の家から、深夜オルゴールの音がするというのだ、前にすんでいたのはオルゴール好きの老婦人だったようだが・・・。


天才肌で推理力抜群な少年・千、お転婆な香奈、美形なのに小心者の信太郎。二作目なのに、気分的には「また会えたね」な感じでした。

今回は少年探偵の王道、「同級生の家で起きる不可解な出来事」の解明です。
近所で有名なお化け屋敷、でも家の中には高価で珍しいオルゴールもいっぱい。毎晩鳴り響くオルゴールの音色。誰か悪いことをたくらんでる人がいるのか、それとも本当に幽霊が?

十分堪能させていただきました。
同級生の反応がちょっと幼すぎる気がするのですが(リアルに同世代の子と暮らしている身としては)、それは重箱の隅というものでしょう。少なくとも作品の出来に関係のある部分ではないと思われますんで。

謎解き部分は秀逸です! みんなで「おやしき」を探検するんですよ、その設定だけでわくわくします。
変にひねっていないストレートな作りながら、ラストは「おお!」と思いました。

根っからの悪人が出てこないつくりも、大崎さんの長所だと思います。

(83点)
 
 
 
タイミングが重なったことも原因かもしれないけど。

この千をみていると、「小市民」シリーズを思い出します。
類まれな推理力に恵まれたおかげで、クラスからは少し浮いてしまう少年。

小鳩君と千ちゃんが違うとすれば、それは「友達」の存在感でしょう。
願わくば、千ちゃんがいつまでも友達と一緒にいられますように。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/985-b4e7775e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
絵・久都りか。ポプラポケット文庫。児童書です。 さつき小学校の天才六年生、渋井千=センが主人公で語り手のシリーズ第二弾です。 明るく...
2009/03/18(水) 02:16:00 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。