乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
世界設定を生かしてトリッキーな作品を書く方、というイメージがありますが。

君の望む死に方 (ノン・ノベル)君の望む死に方 (ノン・ノベル)
(2008/03)
石持 浅海

商品詳細を見る


膵臓ガンで余命6ヶ月―。“生きているうちにしか出来ないことは何か” 死を告知されたソル電機の創業社長日向貞則は社員の梶間晴征に、自分を殺させる最期を選んだ。彼には自分を殺す動機がある。殺人を遂行させた後、殺人犯とさせない形で―。 (「BOOK」データベースより抜粋)


最初に一言。
これは「推理小説」を読む気で読むと、肩透かし食らうかもしれません。

余命が少ないと知って、自分を親の敵に思っている部下に殺されてやろうと思った社長。効率よく2人っきりになる機会を作るために、研修名目で数人の部下たちを保養所に呼んで、「殺されるための仕掛け」をあちこちに施し、「そのとき」を待つ。

冒頭で、この研修所から警察に「誰か死んでいる」という通報があったことは書かれています。
それまでのことを書いた倒叙式の小説、ということは、ミステリをある程度読んでいる人には想像つくと思うのですが、問題はそれから。
殺されようと思っている人=日向 と 殺そうと思っている人=梶間。梶間は日向の思惑は知らない。どのタイミングで殺人を遂行すれば不自然じゃないか・目撃されずにすむか・凶器は何がいいかと二人で水面下の駆け引きを繰り返していきます。

ところが、日向があちこちに仕掛けた殺人の道具を、(花瓶やアイスピックなんか)こっそりこっそり無効にしていく人がいます。それは誰か。日向の思惑は知っているのか。梶間のことには気付いているのか。・・・ここ、盛り上がるところだと思うのですが、それがまたなかなか難しい。

派手な動きがあってはいけないのです。
あとで「そういえばあの時」と思われてはいけないのです。
だから、水面下でこっそりと駆け引きをする形になります。

その分、どうしてもスピード感や盛り上がりに書けるのは致し方ないところ。これを面白いと思えるかどうかは人によると思います。

(72点。私がどう思ったかはこの点数を見ていただければ)

しかし、こういう作品を書くのなら、やはり石持氏の右に出る人はいないだろう、とも思います。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/988-ebcba11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
イラストは河合寛。装幀はSONICBANGCO。書き下ろし。ネタバレありです。 余命六ヶ月の社長日向貞則は社員梶間晴征に自分を殺さ...
2009/03/18(水) 02:17:23 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。