乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
常に「私のベスト作家」の位置を占めている有栖川有栖氏の新作です。

赤い月、廃駅の上に (幽BOOKS)赤い月、廃駅の上に (幽BOOKS)
(2009/02/04)
有栖川有栖

商品詳細を見る


駅・鉄道をテーマにした怪談集。全10編。


ありゃりゃ。本格ミステリじゃないんですね。amazonの内容紹介に「本格幻想怪談集」なんて書いてあるから、幻想で怪談で本格なんだ! と思い込んでおりました。

そこはそれとして割り切って読んでしまうと、うん、私、このお方の文章が好きです。
ちょっと夢見ているようなリズムに乗せられて、怖いのにするする読まされてしまう感じがします。
ただし、ホラー小説として読むとこの人がベスト!っていう作品ではないし(それでも結構怖い話も混じってたけど)、普段の有栖川氏の作品を読みなれている人にとってはちょっと異色で物足りないかも、とは思います。

一番気に入ったのは「海原にて」。
この本の中ではちょっと異色かな、海の上で起こるファンタジックな怪奇現象と、それに出会ってしまった男性の、ほんの短い時間を切り取った小品です。この話は怪談じゃないですね。
なんといっても浮かんでくる映像が美しくて、魅力的でした。

(一冊全体だと76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/990-31dbc8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。